本文へスキップ

浄土真宗本願寺派 黒谷山 潮見寺

お問い合わせは 088-652-9065「幾らかけても話し中で繋がらない場合はTEL.186-088-652-9065 でお試しください。」

浄土真宗本願寺派 黒谷山 潮見寺

ようこそ、浄土真宗本願寺派 黒谷山 潮見寺のホームページへ。


このたびの台風21号および平成30年北海道胆振地方中東部を震源とした地震により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞いを申し上げますと共に、一日も早い復旧をお念じ申し上げます。

当寺行事のお知らせ

 当寺のご門徒の方、ご縁の方にはその都度、直接ご案内を差し上げております。

当寺行事ご案内をご希望の方はお申し出ください。
 

定例行事(平成30年)  [2018年]

■報恩講法要
 平成30年12月13日(木) 12月14日(金)  本願寺布教使 田村浩州 先生
初日 午前10時〜正午
「正信偈(草譜)」読経 ・ 説教

午後1時〜3時
「らいはいのうた」読経 ・御傳鈔拝読・説教

二日目 午前10時〜正午
「正信偈(行譜)」読経 ・ 説教
午後1時〜3時

「らいはいのうた」読経 ・御傳鈔拝読・説教

 年に一度、この報恩講の行事中に限り本堂余間に『御繪傳』を奉懸しています。
『御繪傳』とは、親鸞聖人のご生涯を十五段の絵に顕した掛け軸です。
当寺所蔵のものは約一四〇年前に制作されたもの。
現在オランダの画家フェルメールの絵画展が日本の東京、大阪で開催されております。
当時貴重なラピスを使った青い絵に特徴があります。
当寺の『御繪傳』も同様のラピスを使った材料です。
両日とも昼には親鸞聖人のご生涯が書かれた『御傳鈔』の拝読をいたします。
 当寺の法要は、門信徒の皆様のご協力や、お預かりしましたお仏餉、ご法礼などによって続けさせていただいております。

定例行事(平成31年・元年) [2019年]

■修正会 元旦

■春季永代経法要

元年5月8日(水) 5月9日(木)本願寺布教使 佐々木大觀 先生
初日 午前10時〜正午
「正信偈(草譜)」読経 ・ 説教

午後1時〜3時
「らいはいのうた」読経 ・ 説教

二日目 午前9時30分〜正午
総永代経(浄土三部経・日没礼讃)読経

午後1時〜3時
「らいはいのうた」読経 ・ 説教

※ 永代読経の開闢のお勤めは随時

■蜂須賀忠英忌   5月11日
 潮見寺は寺島(現在寺町に移転)圓徳寺住職の隠居寺であった。
圓徳寺(元の名前は大坊)は蜂須賀氏とともに参河(現在の愛知県)から龍野(現在の兵庫県)を経て
阿波徳島へ。

阿波徳島藩二代藩主蜂須賀忠英(はちすか ただてる)氏が津田の釣りの帰りの途中、当時徳島の福島淵崎にあった寺に立ち寄られた時に潮見寺” の名前を賜わったもの。

その後黒船が来だし海防上の都合で現在の地(阿波国名東郡小濱浦、現西二軒屋町二丁目)を拝領。
名前はこれまでの“潮見寺”のまま。
藩主蜂須賀氏も浄土真宗信者であった。

※参考 ご本山京都本願寺の寺号はご開山親鸞聖人の廟堂に対して亀山天皇が下賜した
「久遠実成阿弥陀本願寺」に由来すると伝えられており、本願寺では毎年10月12日に
亀山天皇聖忌法要が執行されている。

亀山天皇陵のある天龍寺での亀山天皇の法要には現在本願寺を代表して本願寺総務(国の大臣に相当)が
参列している。

■秋季永代経法要
元年10月9日(水) 10月10日(木) 本願寺布教使 片岡雅子 先生
初日 午前10時〜正午
「正信偈(草譜)」読経 ・ 説教

午後1時〜3時
「らいはいのうた」読経 ・ 説教

二日目 午前9時30分〜正午
総永代経(浄土三部経・日没礼讃)読経

午後1時〜3時
「らいはいのうた」読経 ・ 説教

※ 永代読経の開闢のお勤めは随時

■報恩講法要
元年11月29日(金) 11月30日(土)本願寺布教使 山下信順 先生
初日 午前10時〜正午
「正信偈(草譜)」読経 ・ 説教

午後1時〜3時
「らいはいのうた」読経 ・御傳鈔拝読・説教

二日目 午前10時〜正午
「正信偈(行譜)」読経 ・ 説教

午後1時〜3時
「らいはいのうた」読経 ・御傳鈔拝読・説教


店舗写真

information店舗情報

浄土真宗本願寺派 黒谷山 潮見寺

〒770-8061
徳島県徳島市西二軒屋町
2丁目31番地
TEL 088-652-9065
FAX 088-625-3655
→アクセス